読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラエンジニアライフ

ボンクラなエンジニアによる、日常記録です。

【行ってきました】ソラノイロ トンコツ & キノコ x なめこコラボ

去年のクリスマスに、東京駅の近くにあるラーメン店「ソラノイロ トンコツ & キノコ」と「なめこ」のコラボに行ってきました。

「そんなに前の話を今更レポートするなよっ!」とツッコまれそうですが(ボンクラですみません)。

namepara.com

店頭で出迎えてくれたのは、なめこのクリスマスバージョンです。
ラーメンのドンブリを抱えているから店員さんかな?

f:id:sasaron397:20170322002426j:plain

肝心のラーメンは、優しい味で美味しかったです。
ただ、なにぶん数ヶ月前のコトでして、詳しい味を思い出せない・・・なので、また行こうと思います。

f:id:sasaron397:20170322002439j:plain

お店は、東京駅から歩いて行ける距離にあります。
時間で言えば10分かからないくらいの距離です。

駅名で言うと、最寄りは東京駅ではなく京橋駅になるらしい。
「キノコ」が売りだからなめことコラボしたのでしょうか?

クリスマスどころか桜が開花しそうな昨今ですが、せっかく撮影したのでペタリ。

f:id:sasaron397:20170322002435j:plain


新作スマホアプリ、「なめこの巣」がついにリリースされました!
絶賛プレイ中です!

なめこは日々慌ただしいボンクラにも優しい。癒やされますな。

映画「この世界の片隅に」の感想【ネタバレあります】

この世界の片隅に」を鑑賞しました。
以下、ネタバレがありますので注意してください

f:id:sasaron397:20161211043455j:plain

悲しくてとてもやりきれない

映画の序盤は、コトリンゴさんの「悲しくてやりきれない」で始まります。
1回目に鑑賞したときは分かりませんでした。でも、再び鑑賞して感じました。

全てがつまっている気がします。

  • 大国の暴力に屈し、最後はあっけなく敗戦してしまうやりきれなさ
  • 「春美ちゃん」をはじめ、多くの人が戦いそして散っていったのに、報われないやりきれなさ
  • 自分はまだ元気なのに、何もできなかったというやりきれなさ

始まりは劇的でも、終わりはあっけなく儚い。
「耐え難きを耐え 忍び難きを忍び」昭和天皇による「玉音放送」が、胸に深く突き刺さる。

今の日本は、こんなに「やりきれない」状態から復興を成し遂げた方々によって復活したんだ。

呉のみなさん、頑張ってください

戦時下に空襲があったことは知っておりました。
しかし、私は、ここまで空襲警報が幾度も鳴り響き、恐怖のさなかを生き抜いていたという事実を、不勉強ながら知りませんでした。

ラジオ放送の、「呉の皆さん、頑張ってください」という響きが、しばらく頭を離れない。

戦時下の日常を描くというリアル

私がひとつ感じることとして、ただ単に戦争の悲惨さを描いた映画だったら、ここまで共感することはなかったと思う。

日常はリアルだ。私が今、ブログを書いているのも日常だ。
「すず」が生きたのも日常だ。

この、日常が侵されるというのはリアルだ。このリアル感をどう表現したらよいのか、うまく言葉が紡げない。
拙い言葉ではあるが、要約すると「他人事ではない。自分事なのだ」

「みんなが笑って過ごせる日」

そんな日が来ることを願ってやまない。
今自分がとっている行動は、誰かを悲しめていないか?

平和というのは、みんなの願いによって成り立つのかもしれない。

【行ってきました】DEEN 日本武道館 LIVE 2016 Ballad Night

秋分の日にDEEN LIVE JOY Special 日本武道館 LIVE 2016 〜Ballad Night〜 」に行ってきました!

f:id:sasaron397:20161129074732j:plain

私は「君がいない夏」がリリースされた頃くらいからのDEEN ファンです。

おそらく、名探偵コナンのエンディングテーマで知ったのがきっかけだと思っているのですが、本当のところ、DEENに興味を抱いたキッカケを覚えてない・・・。

 

武道館ライブの参加は初めてではないのですが、近年は参加していませんでした。

そのため、物凄くテンションが上がっておりました。

 

しかも、DEENの代名詞といえばバラードといえるくらい、良い曲が揃ってます。今回のバラード中心のライブは物凄く楽しみでした。

 

というわけで日本武道館に到着。まず入り口を記念撮影です。

f:id:sasaron397:20161129073732j:plain

 

期待に胸を膨らませつつ、Kindleで本を読みながら待機します。

読んでいた本が「デベロッパーのキャリアと働き方を語ろう」でして、この辺りだけ微妙にエンジニアっぽい。

 

程なくしてライブがスタートします。

f:id:sasaron397:20161129073756j:plain

 

終始バラードなので、色々なことに思いを馳せつつ穏やかに聴いておりました。

 

私は「夢であるように」が大好きなんですが、今回も聞けて良かったです。

悲しみの向こう側」が聞けたのも嬉しいです。ライブで聴けたのは、私にとって今回が初めてかもしれない。

 

 

途中、写メ撮影コーナーがあったので一枚撮りました。撮影テクニックが皆無なので、写りが酷いですが。。

f:id:sasaron397:20161129073806j:plain

 

ライブ終盤に、サプライズでお笑いコンビのキャイ~ンが登場。コラボソングの「遊びに行こう!」が披露されました。

以前ラジオで聴いたことがありまして、「聴けるかな?でも今回はバラードナイトだからな」と期待半分諦め半分だったのですが、まさかのサプライズで大満足です!

 

全く関係ない話ですが、「ウド鈴木」の声はザキヤマに似ている気がします。

ウド鈴木歌ってないじゃん」というツッコミがきそうですが、MCでは話してたのです(苦笑)。

www.youtube.com

 

DEENの良いところ

私が DEEN を好きな理由として、曲が好きというのも勿論あるのですが、「メンバーの仲が良い」ところを挙げたいです。

 

90年代にデビューして、20年以上バンド活動が続けられるのも、ひとえにメンバーが団結してるからだと思います。

私がライブに参加するのも、3割くらいは演奏の合間の MC や掛け合いが楽しいからだったりします。

 

私の印象としては、真摯な池森氏・音楽に一生懸命な田川氏・オチ担当の山根氏って感じでしょうか。 

山根っちのおちゃらけたノリは好きです。ギャラたんまり出るといいですね(笑。

 

来年も、Zeppツアー・47都道府県ライブと精力的に活動するとのことですので、どこかのタイミングでチケット買って参加しようと思っております。

 

ライブお疲れ様でした!

劇場版きんいろモザイクを鑑賞しました

アフター5の時間を利用して、新宿のバルト9で劇場版きんいろモザイクを鑑賞しました。

f:id:sasaron397:20161117095603j:plain

 

私の職場は新宿周辺にあります。

そのため、通勤路の途中にバルト9があり、近日公開の映画ポスターを毎日眺めてから出社するのですが、その中に劇場版きんいろモザイクの告知がありました。

劇場版を知ったキッカケです。

 

-----

 

今回の主役は小路綾ちゃん。ストーリーの進行も、綾の心理や心情描写を中心に進みます。

高校受験を通して描かれる、忍・綾・陽子の3人の絆に感動すること間違いなし・・という映画です。

 

カレンじゃないけど、確かにマイペースな「忍」がどうやって高校受験を切り抜けたのか気になりますよね。

  

でも、上映時間が番宣を除くと正味50分なのでとても短い。

映画というよりOVAという位置づけなんでしょうか?「さあ映画を見るぞ!」と気合を入れるよりは、仕事帰りにふらっと見るくらいが調度良いかもしれません。

 

 -----

 

映画を見た後は、新宿タイトーステーションケツイをプレイ。全然ダメでした。

ケツイは事故死しやすいシューティングだ。弾の動きが変速だからなぁ。。

f:id:sasaron397:20161117025631p:plain  

 

最後にラーメン。ダイエットのために夕飯は軽めにしようと決めているのですが、我慢できない心の弱さ。

気分が良い日は、ついついガッツリ食べたくなってしまう。

f:id:sasaron397:20161117025747p:plain

 

まあ、気分が良くなる(=食欲増進)の原因は大抵ビールなんですがね(笑)。

シューティングゲームのプレイを支える技術を雑に発表してきた

雑Con で、「シューティングゲームのプレイを支える技術」を雑に発表してきました。

connpass.com

 

会場がfreee株式会社様で、オフィスがとても綺麗でした。

941::blogにオフィス紹介が掲載されています。ぜひ見てみてください。きっと感動すると思います。

 

雑Conのイベントは、オフィスの片隅にある和室にちゃぶ台なアットホームな場所で行われ、ゆるーい感じのイベントでした。

気軽に発表できたので、発表の緊張も和らぎました。良いイベントです。

f:id:sasaron397:20161031235650j:plain

 

技術ネタでなくても良いとのことだったので、前々からどこかで発表したいと思っていた、シューティングゲームのプレイネタを発表しました。

www.slideshare.net

 

一言で言えば、シューティングゲームをプレイする上で、覚えたほうがいいことや心がけていることについての発表です。

 

私自身、バリバリのスコアラーで全国一位(全一)狙うぜ!なんてレベルには遠く及ばないのですが、少なともネタがそれなりに受けて良かったです。

 

以下、私がシューティングゲームをプレイする上で、特に重視している事をピックアップして記載します。

-----

 

1. コンディション

プレイする上でコンディションはとても重要です。むしろ、一番大事なことかもしれない。

仕事の事を考えてたり、上の空だったりすると、すぐにやられます。なので、コンディション(特に精神面)が良くない日はプレイしない方が良いです。

 

でも、社会人である以上、悩みのない日の方が少ないと思います。

そんな時は、一度深呼吸してリラックス。そして、自販機で買った缶コーヒーを飲みつつ、ゲーセン筐体にコインいっこ入れるくらいの余裕があるとプレイがはかどります。

 

2. 覚える

シューティングゲームが上手くなるコツは、一にも二にも覚えることです。

怒首領蜂大往生の「死ぬがよい」は、要は死んで覚えろってことで、ある種の名言だと思います。

 

一度死を経験すると、次回は死なないための工夫を凝らします。

シューティングゲームというのは、いわば七転び八起きであり、やられないようにプレイを繰り返しながら、コツコツ上達していくジャンルです。

 

なので、すぐに成果を求める人よりは、気長にコツコツプレイできるような人の方が相性が良いかもしれません。

 

3. 酔いしれる

弾幕シューティング(画面内にたくさんの弾が出現する)が流行した要因の一つに、大量の弾幕の嵐の中でも、意外に避けれてしまうゲームバランスがあります。

 

弾幕シューティングというジャンルは、当たり判定という即死ポイントが非常に小さくなるように設定されているので、見た目ほど難しくないんです。

この、意外に避けれてしまうというのが酔いしれポイントで、例えるならば「スキー初心者だけど、ゲレンデにいったら意外に滑れてしまった」・・そんな快感をうみだします。

 

これこそが、弾幕シューティングゲームの醍醐味であり、ぜひプレイして欲しい理由でもあります。最近は、東方を始めとした同人シューティングゲームがたくさんリリースされているので、気軽に始めることができます。

 

4. 音楽がカッコいい

シューティングゲームは非常にシンプルなジャンルで、撃って避けるが基本です。

それ故に、他のシューティングゲームとの差別化をはかるために、音楽に凝っているゲームが多くあります。

そして、「音楽がカッコいい」ことが多いのです

 

私個人としては、シューティングサウンドのカッコよさが究極に凝縮されたのが、「サンダーフォースVのステージ1」だと思ってます。

 

まるで音ゲーのように、リズムに乗りつつ楽しむのもまた良いのではないかと。 

-----

 

ちなみにですが、シューティングゲームについて熱く語った番組があります。

僕の一夜漬けスライドよりも、ぜひ GameOn という番組の動画を見てもらいたいです。しかも製作会社がフランスです!

 

www.nicovideo.jp

 

好き嫌いはあるかもしれませんが、私は動画の内容に加えて、ニコ語字幕がツボってます。あと、当たり判定の解説が詳しすぎて、お茶を吹き出すレベルですw

 

シューティングゲームが好きな人も嫌いな人も、ぜひ一度ご鑑賞ください!

日本のテレビで放映される日も心待ちにしております。

 

最後は、某トライアングル・サービス社様にちなんで、「シューティング ラブ。」の一言で締めくくっておきますw

なめこのコラボカフェに行ってきました

 なめこの巣 x nicocafe に行ってきました!

うっかり料理の写真を撮り忘れましたが、ロックとカサリンのコラボドリンクを注文しました。

あと、パフェも注文して、どちらも美味しく頂きました。

 

下の写真は、注文待ちの間に撮影した、よだれを垂らしたなめことテレビちゃんです。かわいい。

f:id:sasaron397:20161023011331j:plain  f:id:sasaron397:20161023011606j:plain

色紙には、ダンボーなめこダンなめ)がかっこ良く描かれてました。コラボおめでとうございます。

 

最後に、ダンボールをかぶって記念撮影しました。僕がかぶると、完全に怪しい人にしか見えないですね(滝汗。

f:id:sasaron397:20161023011753j:plain  f:id:sasaron397:20161023011957j:plain

今回のコラボカフェは、新作アプリ、「なめこの巣」の宣伝がメインだったようで、PVも流れてました。ただ、リリースは延期したようで、今冬になっておりました。

 

ゲーム内容は、PVを見た限りはシムアントみたいな感じだった。

当時、シムシティはやったけれど、シムアントを持ってた人は周りにはいなかったなぁ。あえて、あまり事前情報は入れずに楽しんでみようと思います。

 

最後に、いくつかグッズを買って終了しました。楽しい一日でしたよ!

コラボは今月末までのようです。池袋に立ち寄った方は、ぜひ行ってみてください。